top

協会について

一般社団法人日本コミュニケーション協会は、各組織や団体、コミュニティの一員として必要な人間力、 コミュニケーション力の向上がこの社会に必要だとの認識を基本に、性格応用心理学(エニアグラム)を中心に適切な手法で、本質的な自己理解による気づきを促し、生きがいや働きがいを一人でも多くの方に実感していただき、幸福の増進に貢献することを目的とします。

協会では目的に向けて必要なエニアグラムコーチ、エニアグラムカウンセラーを育成し、適切なエニアグラムコーチングやエニアグラムカウンセリングを行い、社会のコミュニケーション向上に資する活動をしてまいります。

特に、増進を推進する領域

1、医療介護メンタル

・医者と看護師、又は医者と患者間におけるコミュニケーション
・看護師と患者間におけるコミュニケーション
・院内コミュニケーション
・うつ・自殺・ニート防止対策

2、HR(人材)

・教育(親子・学校)
・人間力と本質的成長
・コミュニケーションインストラクター学習

3、ビジネス

・セールス
・次世代リーダー育成
・リーダー、マネジャー育成
・うつによる労災防止とメンタルケア

4、スポーツ

・個人にあった指導・アプローチ

5、地域振興

・地域に根差した人材育成
・地域資源の発掘と発信

導入実績

性格応用心理学(エニアグラム)
法務省、財務省、IBM,ソニーの中央官庁や大手企業
関東の看護師団体、中小企業などの営業や人事マネジメントに採用
EX)タイプ8リーダーがタイプ6部下の課題を解決して「酒類販売で2年で10億の売り上げを上げた」実績など多数
米国では、スタンフォード大学のMBAコース、CIA、モトローラ、ディズニー、ヒューレットパッカードの教育プログラムに採用されております。(米国については弊社外)
そのほか
◆(会社)エニアグラムを導入している会社の成果―自分と他者を生かす組織作
◆(医療)母親へのセラピーで、子供のアトピーが完治
◆(医療)発達障害・心身症の病気を持つ子供と親の関係
◆(対人)いうことを聞かない患者の諭し方
◆(家庭)ドロドロの離婚劇を見ないために
◆(教育)成績UP間違いなしの9つの勉強法!(学校教育への活用)
◆(教育)気質を生かした子育て方法
◆(ペット)カリスマ動物病院院長が説く「愛犬と相思相愛の関係を築く秘訣」

役員

代表理事 安村明史
理事 山田香織
理事 吉村光司
監事 福島宏和

事業案内

◆会員サービス事業

日本コミュニケーション協会誌発行
会員向けのコミュニケーション能力向上に関する業務斡旋
各部会振興(定例会・研究会)
[研究部会]
アイドル事例研究会
活性部会

◆コンサルタント事業

営業部
気質から人を変容させる手法を通じて、あらゆる分野での能力向上が効率的になります。現場にあわせた対応について協議しながら、よりよい成果に向けたご提案をいたします。

事業部
コミュニケーションはあらゆる場面においても必要なツールであり、学びは尽きません。働きがいと生きがいの提供を基本に、短期から中長期的な視座での業務が可能です。
1教育部門
2医療部門
3地域振興部門
4営業部門

◆認定事業

認定講座開催
当協会独自での開催のほか全国の組織・団体と提携しての開催もございます。

認定試験実施
性格応用心理学についての学びの深度により、認定を受けるには試験が必要となります。

そのほか講座開催
講義力向上や交渉力、文章力など個別のコミュニケーション能力向上に向けた講座も開催いたします。

プライバシーポリシー サイトご利用上の注意 お問い合わせ サイトマップ ページの先頭へ
COPYRIGHT © 2013 JAPAN COMMUNICATION ASOCIATION. ALL RIGHTS RESERVED.